育児

初フライトを直撃!生後2ヶ月と行く空の旅は!?

みなさんこんにちは。
コロナも落ち着いてきたのでお正月を前に実家の福岡に帰ることにしました。
生後2ヶ月の息子くんと行く空の旅。
果たして上手に飛行機を乗ってたどり着けるのでしょうか。

今回のフライト

スカイマーク 16時05分発
羽田→福岡
所要時間2時間05分

空港までの交通手段:徒歩・電車
(一人で行った場合、1時間弱で到着)

旦那さんは仕事のため不在
ベビーカー使用
荷物::ノースフェイスリュック・無印ジュートバックB5サイズ

かなり余裕をもって12時出発を予定

午前中は前日に終わらなかった家事などを済ませ、荷物を準備しました。
息子くんはおっぱいを飲んだ後眠いけど寝れずぐずぐず。
寝かしつけている時間がないためそのまま自分の作業をしていました。

問題なく出発できる時間帯に準備が終わったところで抱っこした瞬間に嘔吐🤮

ぴえーん。

吐き出してしまったのでおっぱいを飲ませ、自分の洋服を拭き、スタイを新しいのに替えて12時30分過ぎ出発!
これでも到着まではかなり余裕です。

電車は問題なくクリア

空港へは14時過ぎに到着。 ベビーカーのため駅ではエレベーターを使用せねばならず、通常よりも少し時間がかかりました。 ですが、まだ2時間前。余裕です。 お土産購入しチェックイン。 荷物預けの場所にはレンタルのベビーカーがありましたが、すべてB型だったため案内のお兄さんにA型があるか聞いてみると、数台のみあるようで確認していただき無事借りれました。 乗せてみて改めて自分の使用しているサイベックスメリオのスムーズさ、ハンパない。

荷物預かりの際、座席は授乳カーテン付きの一番後ろの席が空いてると案内されそちらに変更しました。
りゅうちぇるみたいなお兄さん、手がとてもきれいで丁寧な対応ありがとうございました。

荷物預け完了。息子くんのお世話後バタバタと搭乗手続きへ。

14時50分、授乳室にてオムツ替えと授乳をすることに。
オムツ替えは二ヶ所あり奥に授乳室となっていました。
狭いけど問題ないです。

永遠にDAIGOさんのグーン+のCMが流れていました。
お昼食べる暇なく出てきたためお腹空いたけど、食べる時間もなさそう。
時間が迫っていたため、15時15分搭乗手続き完了し、中に入りました。
自分のお手洗いを済ませるため、ベビーカーのはいる多目的トイレを探しました。
三個目のトイレにあったからよかったけど、時間なくて焦った😰
念のため息子のオムツを確認したらしっかり青マーク!
オムツを替えたら15:30を過ぎていたのでご飯はお弁当で諦めることに。
本当は出汁のお店行きたかった。

15時40分搭乗口に到着。

夕日がきれいな窓際で一息。

15時50分、優先搭乗開始。
ベビーカーから抱っこひもに変更して、優先搭乗にてはやめに飛行機へ乗り込みました。
一番後ろの授乳カーテン付き座席はわたしだけで気兼ねなく使えそう。
CAさんが荷物を持ってくれたり、コートを上の収納棚にいれてくれました。
初めての飛行機をお祝いしてくれた滝川クリステル似の美女CAさん。
席についてガン開きのお目目の息子。
座ったままでは寝なさそうだったので他のお客さんが座るまで立って寝かしつけし、お見事大成功!
抱っこひもしたままでオッケーとのことだったのでこのままぐっすり寝ててくれ。

機内は結構暑かったので上着を脱がせてて正解でした。
もしかしてゆっくり出きるかも!と思って、あわててプライムビデオで今みていたコールドケースを3話ダウンロード。
うふふ、お弁当食べながらみよーっと。

さあ!飛び立とう!

今日はあいにく上昇中揺れる恐れありとのことだったが、さてはて息子は無事に寝ていられるだろうか。
離陸直前のシートベルトアナウンスで少し起きるも自力で寝て無事離陸。
綺麗な夕日が差し込んでフライト日和。
雲を抜けるまで少し揺れたけど起きずに通過できました。
雲を抜けたら空の青、夕日の赤、その境目が混ざりあった黄色のグラデーションになっててとても綺麗。
窓側にしてもらえばよかったですね。

シートベルトサインが消えてすぐにお腹がすいていたのでお弁当を拝借。
つきじ丸武のタマゴサンドとチキンカツサンドのセット、お値段は空港価格の700円でしたが、背に腹はかえられぬ。

甘くてホワホワの卵と、たれがしっかりしたチキンカツは食べ応えは十分で、美味しくてものの5分で完食してしまいました。
ちょうど一口サイズのものがそれぞれ3個ずつ、計6個入っています。
正直なところ、この倍の量がわたし的にはちょうど良さそうなところだけど、到着後夜ごはんを食べるのでこれくらいの軽食でよかったです。

機内サービス配布

ご飯を食べている間にCAさんがマスクとキットカットを配ってくれました。
まさかの息子の分まで!
ありがたく頂戴いたします。
そらとぶピカチュウプロジェクトとしてコラボしていてマスクの表面にも柄がありとてもかわいいです。
コーヒーも配ってくれていましたが、授乳中はカフェインを控えているためお断りしました。
飛行機にのってはやくも一時間経過したが息子は時おり半目になってモゾモゾするが起きる気配なしてます。

起きないのはいいのですが首を支えている左腕が痛い…
これは筋肉痛になるぞ。

あっという間に着陸態勢

全く起きることなく着陸態勢となりました。
再びシートベルト着用サインの音で目覚め、モゾモゾするも自力で寝ました。
他の音や揺れでは起きないのにあの高音は聞こえる様子。

着陸時の大きな揺れで驚いて目を覚ますも何事もなかったかのようにもう一度目をつぶったのには驚きました。
ビビリのくせに、こういうときおとなしくて、お母さんはとても助かります。

無事に福岡空港へ着陸

着陸後前後二回に分けてに降りるため、座って待っていたところに滝川クリステル似のCAさんがやってきて息子くんのファーストフライトにとプレゼントをいただきました。

コートもとっていただき、とてもよくしていただきました。
ありがとうございました。

降りて荷物の受け取り。
ベビーカーは一台のみで一番に流れてきました。
袋に入っていたため、少々とりづらかったのですがなんとか受け取りできました。
もうひとつ預けていたノースフェイスのリュックを受け取り、ベビーカーを組み立てようと袋から出そうとしたら、これがなかなか出ない。
赤ちゃんと荷物を抱えてとなると、片手しか使えず、足で袋を踏んでなんとか開けようと手こずっていましたが、そんな様子を見て遠くから走って駆け寄ってくださった従業員さんに助けられました。
大変申し訳ございませんと謝られました。
いえいえ、走って来てくださってありがとうございます。
お手伝い頂いて、無事ベビーカーを袋から出すことができました。
ベビーカーの下にはノースフェイスのリュックを入れているのですが、これがまたまあぴったりなシンデレラフィット。
大容量の荷物入れもとっても優秀です。

出口ゲートを抜けて飛行機の旅は終わりました。
ベビーカーを持って移動するのはエレベーター探しの旅でもありました。
普段ほとんどエスカレーターですんでいるので、改めてエレベーターの存在のありがたみを感じました。

久しぶりの博多駅はイルミネーションでまさに青々としていました

福岡は空港から市内まで 地下鉄でわずか5分。
さくっと博多へ向かって、お気に入りのたんやで夕食を食べました。

やっぱりここのお店美味しい。

クリスマスシーズンということもあり、外ではクリスマスマーケットも開催されていました。
もちろんイルミネーションも。
博多駅は青のイルミネーションが特徴的で、とても懐かしく思いました。

綺麗なイルミネーションと博多の文字を見て改めて福岡に帰ってきたことを感じました。

まとめ

今回の飛行機の旅は、息子の優秀な睡眠によって超イージーモードで終了することができました。

ですが、かなり余裕を持って出たはずなのに 実際はとてもギリギリだったので、行きたかったごはん屋さんも、ゴールドカード会員が入れるラウンジも、スタバでゆっくりお茶をすることもできずバタバタしました。

やっぱり赤ちゃんとのフライトは余裕に余裕を持って動かれることをお勧めします。

では、福岡の帰省楽しみます😊

 

よかったらクリックして
いただけると嬉しいです
よろしくお願いします🌻

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。