結婚までの道のり

緊急ミッション!

みなさんこんにちわ。

たろうさんの転勤とわたしの部署異動で慌ただしい中ですが、ここで突然母が登場人物に加わります。

わたしは実家を出て一人暮らしをしていますが、実家はそれはそれはど田舎です。

見渡す限り田んぼ一面。空は広く高々と。

そんな実家に住む母は転勤族の妻だったとは思えないほどの出不精でして、住んでいる地元から車で30分圏内(混雑する場所は除く)ですべての生活を行なっています。

つい最近まで県の中心地には電車で片道1時間はかかるので来ることはほとんどありませんでした。

わたしが一人暮らしをしてから市内のことをわかる人がいるということもあってすこしずつ遊びに来るようになり、今では月に1回程度わたしと会ってご飯を食べるというルーティーンが出来上がりました。

ですので今月ももれなく母と遊びに行く日が来たのです。

母は仕事をしているので泊まっていくということはありませんが、一度わたしのうちによって落ち着いてから遊びに行きます。

わたしはあまり母にたろうさんの話をしないので、彼氏はいて時々あそびにきているのかなくらいに思っています。

母がくる前日、たろうさんに母とどこにいこうかなーとなにげなく話している時でした。

急にたろうさんが言うのです。

「俺、あなたのお母さんにあっといた方がいいかな」

(´⊙ω⊙`)

今なんと?

え?と思わず返すと彼なりの考えがあるようで

「これから転勤したら会えることも難しいだろうし、とりあえずお付き合いさせていただいているってことだけでもきちんとつたえといたほうがいいかなと思ったとのこと。

真面目かよ!

と思いましたが結婚に向けて考えないといけないなと思ってた矢先のたろうさんの発言に拍子抜けしました。

しかし本人から言ってくるなんてこんなチャンス逃すわけには行きません!!

次にわたしが発した言葉は

「会ってみる? 今日の夜とかご飯一緒にどう?」

なんにもきにしていませんよ、お気軽にお越しくださいと言わんばかりにわたしの結婚計画に誘う様にあくまで冷静な態度で伝えたのです。

そして急に決まった母と会いましょうのミッション。

たろうさんは当日仕事だったため、できるだけはやく終われる様に頑張るとわたしに告げ出社して行きました。

見送った後のわたしはもちろん大慌てです。

お母さんにつたえないと!

え、どう言う心境!?

あ、ご飯どこでたべたらいいのかな?

こういう時の店ってどこ!?

え、てかなんで急に?

あ、転勤か。

いやでも結婚するわけじゃないのに?

え、する気あるってこと??

いやいやその気になったら負けや、痛い目見るわ

えー、いやその前に店決めな

いやいやその前にお母さんに言わな

いや、やっぱり店先にどうしよう?

パニックパニックになりながら、とにかくとにかくこういうときはどこにいくべきなのかまずは確認しようと思い、わたしの友人で結婚して現在産休中の友達に電話をかけかくかくしかじか伝え相談しました。

結婚のご報告でもないので、あまり固すぎず個室のある居酒屋さんくらいでよいのでは?とさすが!なアドバイスをいただき感謝早々に電話を切って調べました。

どんな感じのところ、さえ決まってしまえば早いもので駅からほど近く母も帰りやすくたろうさんも来やすい場所で店を決めさっそく予約。

そんなこんなしていたら母が我が家に到着しました。

ついて早々わたしはドキドキしながら伝えるのです。

「今日さ、夜なんやけど彼氏会ってみる?」

驚いた顔でこちらを見てすこし間を開けていいました。

「え、会わなくていいよ」

と。

(´⊙ω⊙`)

よかったらクリックして
いただけると嬉しいです
よろしくお願いします🌻

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ

転勤族の妻 maco
maco
元転勤族キッズのわたし(32)が転勤族の妻となりました。 見知らぬ土地で友達もおらず孤独ですが、意外と楽しい転勤生活の中で、家事・子育て・仕事に奮闘する様をブログにしたためております。 ディズニーとしんちゃんが大好きな151センチのとにかく明るいおチビママです、安心してください、楽しく生きてますよ。
\ Follow me /

【転勤🏡

👶🏻 長崎 → 神奈川 → 石川 →福岡(転勤終了) →👰 福岡 →神奈川〖今ここ〗

【家族👨‍👩‍👦

👨年下旦那さん(31) 休みの日はもっぱら昼寝で1日を過ごす176センチの新生児。同じく元転勤族キッズ。

👶🏻息子くん(0) 2021年8月に爆誕した我が家のスーパーアイドル。おしりがきゅっと締まったアスリート赤ちゃん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。